18275105_1487454444618401_7048061995203393667_n

ESCAPE R3のチェーンホイールはアウターだけアルミ、後は鉄

こっちは10年前に買ったクロスバイク『SUB20』をヤフオクをフル活用で直してみました。これなら中古に売り払っても値が付くかも知れない。

18268603_1487451387952040_5754407095550759551_n

今回、有名な台湾のブランドであるGIANTのクロスバイク『ESCAPE R3』取り外しパーツ調達して流用したのですが、これがとても上手くコスト削減されています。

写真の三枚あるギアのうち、一番大きいヤツだけがアルミ(軽量だけど高価)で、後は鉄製(安価ですが重い)となっています。磁石で確認しましたので間違いないです。

ギアというのは遠心力がかかりますから、直径が大きいほど軽量化効果が大きく、逆に直径が小さいものは軽量化効果が小さいわけです。

ESCAPE R3はこうして軽量化効果の大きい部分だけアルミを上手く使っているのですね。こういう細かな努力は、カタログスペックには一切表現されない部分ですから、純粋にメーカーの良心といえます。

こうやって徹底的にコストを削減して、GIANTは安価だけど高品質な自転車をたくさん作っているわけですね。

まぁ、中古パーツを流用する私としては、ギアの部分は鉄だろうとアルミだろうと、全部取り外してクランクの部分だけ使ったわけですけどw

クランクの部分はアルミ合金で出来ており、ここもまた大手のクランク部品と遜色はありません。

上記のようにコスパ重視でパーツをかき集めた結果、日本、スイス、米国、ドイツ、イタリア、中国、台湾の部品が組み合わされた多国籍自転車ができあがりました。なおここまでやっても、ロードバイクの軽快性には及びません。

通勤においてどっちが速いかといえば今はコイツの方が速いのですが、体力の消耗は倍くらい激しく、通勤車種をロードからクロスバイクに換えたら、あっという間に体重が減りました……。

まったく同じ通勤経路をロードバイクとクロスバイクで乗り比べました

通勤距離は20Km。経路は都内<>埼玉。
使った自転車は以下の通り

 ロード: GIOS Gress 2016年式 105コンポ
クロス: Scott SUB 20 2007年式  Alivio混成(MTBベース)

お値段の面でいうと、ロードの方がクロスの3倍くらいのお値段です。

●通勤に要した時間
10分ほどクロスバイクが速い。

● 疲労度
ロードの方がだいぶ楽。クロスバイクの方が足に倍くらい負担があった。

● 安全度
クロスバイクの方がだいぶ安全。主に路面の状況を気にしなくてよい事による。

【結論】
たぶん、シクロクロス用バイクが通勤には一番良いw

ちなみに、今回クロスの方が速いという結果を生んだ最大の理由はタイヤの太さです。私のクロスバイクはMTBベースで、タイヤも太めの26×1.5です。

首都圏の道路って意外と危険が一杯の上に、交通状況が悪く、ロードだと気を遣わないといけない状況が多いんです。そのくせ、信号が多くてせっかくのスピードも台無し。安全運転+信号トラップ、でスピードが出ません。

でもクロスなら路面状況を気にせず、常に限界まで踏み込めるので、結果としてより速く通勤出来たというわけです。

つまり、その理論でいうと、タイヤが太めのロードバイクであるシクロクロス用ロードバイクが一番速いんじゃね?という・・・。私はシクロクロス用バイクに乗ったことはないですが、通勤最速説はよく耳にします。

ただ、いずれにしても、自転車通勤で一番大切なのは安全性が高いことです。休日と違って、仕事の後で集中力が落ちているときの、しかも夜に、自転車に乗らないといけないのが、自転車通勤ですからね。

安全性(走破力や制動力)が高ければ、その分安心して踏み込めますから、結果的に通勤時間も短縮できます。

2017-04-02 21.27.31

通勤にはクロスバイクがオススメ

ハンドルとブレーキレバー交換。
そして、ボトムブラケットの発注サイズを間違えるという事件が発生したため、残りはまた来週。。。。

結局、Vブレーキもチェーンもスプロケットも変えるので、ディレイラー以外のほぼ全てが交換される事態に。こんなことなら最初から、ちょっといいコンポーネントに全交換すれば良かった・・・。


なお、ロードを買っておいていうのも何ですが、通勤通学に使う自転車としてはクロスバイクの方が絶対に良いです。
私、若かりし頃は毎日60Km自転車通勤していましたが、、、、

  • 都内に入ると赤信号コンボで、ロードはスピードが活かしづらい。
  • 普通の人間は往復40Kmくらいしか自転車通勤しない。この距離ならロードを使うほどではない。
  • 通勤に使うと夜どうしても走らざるを得ないが、そうなると路面状態に左右されづらい自転車が有利。

ちなみに日本のメッセンジャーはみなさんほとんどロードに乗っていますが、海外の事例を見ると、ブルホーンハンドルの自転車も多いようです。そういう場合、背中に背負ってる荷物も、めちゃめちゃ多いようです。

そんな私がオススメする通勤・通学に最適なクロスバイクのスペックを列挙しておきます。

  • 価格は5万円以上のもの。10万以上は贅沢品。
    2万円で売ってるヤツとか、ママチャリと変わりません
  • フレームはアルミ
    軽くて、コスパが良く、何より【錆びない】からです。
  • タイヤは出来れば27.5インチ。太さは1.25~1.5。
    タイヤは細いのはやめましょう。通勤は意外と山あり谷あり。特に夜は、路面状況を気にしなくてよいのは非常に大きなメリットです。
    太いタイヤは横だけでなく縦にも大きいので、バランスをとろうとすると自ずとホイール径も27.5が適正値になります。

通勤に使うクロスバイクはガチの実用品のため、過酷な扱いを受けることがほとんど。保管状態も良くないことが多いと思います。それだけに、頑丈で、パーツも安価に簡単に交換出来る事が大切です。

ま、どれほどコスパを重視したとしても、節約した交通費は、ほぼ全て自転車関係の消費にに消えていく運命である事は最後に書き添えておきます。

Oracleは天然自然のように何事も問題が起きないように祈る、畏怖の対象

怒りを通り越してあきれるOracleユーザー |  ITPro

「Oracle Database(DB)は信頼性や可用性が高く、当社のシステムには欠かせない。しかしここ数年、保守料が右肩上がり。IT予算に占めるOracle DBの保守料金の割合が増えて困っている」

昔、私もオラクルをよく分かっていなかった頃、「なんかよく分からないけどすげぇRDBMS」くらいに思っていました。なんというか、理解を通り越して神秘的なもの、みたいな。

でもよくよく学んでいくと、オラクルの提供する機能の大半は、シンプルな他ののソフトウェアの組み合わせで置き換えられる事が分かってきました。現代において、オラクルでないと達成できない要件なんて、突き詰めればほとんどないはずです。

オラクルは利便性をもたらすようにも見えますが、反面でオラクルを利用する事による『複雑さ』が存在します。そしてITにおいて複雑さとは人件費とほぼ同義。

この利便性と複雑さのバランスがもう大分昔から、とれなくなっていたんです。利便性で得られる利益が、複雑さによるコストを、とうの昔から上回っていた。合理性だけで判断すれば「まだ使ってたのかよ!」レベルの話です。

ところが実際には「止めよう!」と思っても簡単には止められないんですよ。だって、オラクルを他のソリューションに置き換えるのってすげぇめんどくさい。合理的に考えてもめんどくさい。移行コストが、削減コストを大幅に上回るわけです。

しかもこれが何より問題なんですが――
オラクルというのは神秘的な存在なんで、これに手を付けようなどという罰当たりなエンジニアは存在しないんです。いやホントに。

昔、汎用機の時代にも、障害の原因をエンジニアが突き止めたら「巫女に神託が降りたぞ!」とかみんな言ってたわけですよ。これ、冗談のようで冗談ではなく、過度に複雑なITはもはや神秘的な存在であって、天然自然のように何事も問題が起きないように祈る、畏怖の対象なんです。

まぁ、要は何が言いたいかというと。
そろそろ手を付けておかないと、遠い未来、汎用機と同じだけのコストを負担するハメになるという事ですわ。

だって、何事も神秘的なモノほど儲かりますよね?合理性がない数字の裏付けが付けられないモノほど、高い利益率が紛れ込むのは全ての商売に共通のはずです。

13697059_1200553386641843_4783281817729806535_n

暑中見舞い品を送付し業務を妨害したとして男を逮捕

今日正午頃、港区六本木で、美少女から罵倒を受ける日めくりカレンダーを取引先に送りつけて業務を妨害したとして、埼玉県在住の会社員 山本まさき が逮捕されました。

男は、美少女キャラクターが罵倒するというコンセプトの日めくりカレンダー『まいにち罵倒』を取引先に予告なく暑中お見舞い品として送付し、取引先の業務を妨害した疑いがもたれています。

警察によりますと、調べに対し男は、
「ワンソースマルチユース戦略の一貫であり、一般的な業務の結果」
「みんな本当は喜んでいる。素直じゃない。嘘はよくない」
などと容疑を否認しており、警察は責任能力の有無も含めて慎重に捜査進めるとのことです。

男は本年2月にも、スマートフォンの萌え目覚まし時計アプリを鳴り響かせ、会社の業務を妨害し逮捕されており、度重なる犯行に住民は不安を募らせています。

CyanogenMod 13でnasneを視聴する

以下の方法を参考にすればcm13でも動きます。

CyanogenMod で DTCP-IP やパズドラを動かす【The Weight】

私も動作確認していますが、私の場合はrootは不要だったので、suのバイナリはmoveしたままにしています。
どのみちデバッグモード中はnasneは視聴できません。素直にデバッグモードもOFFにして、開発に使わないスマホ or タブレットとして運用するのが吉だと思います

CUBE T8 ultimate

中華タブレット、買ってしまいました。

002

開発中アプリの動作検証用&ノートPCでプログラミング時の外部モニタとして。
120ドルで、Full HDのオクタコアで4G対応。このスペックは2~3万円タブレットに相当し、国内キャリアのタブレットなら5万円クラスです。
中国の通販サイトでデビットカードで購入。我ながら恐れを知らない行為だと思いますね。
開封早々、20cm位の高さから落としてしまったところ、画面が映らなくなってしまいました。よもやその程度の衝撃で、モニタが壊れるなどとは思っていませんでした。しかし「きっと内部の接触だろう」と思って、タブレット全体を少しねじって曲げてみたところ、直りました。

まぁ何というか、叩いて直ったり壊れたりする、昭和のテレビのような製造品質の商品ですね。
その上、センサーが、加速度センサーとGPSくらいしか付いておらず、地磁気センサーすら付いていないため、ナビゲーションアプリがマトモに使えません。回転軸センサーがないのでゲームも多くが動かないでしょう。

さらには、内蔵ストレージパーティションの切り方がおかしく、アプリのインストールに使える領域は1GBもありません。やむを得ないので、公式サイトからファームを落としてきてインストールし直し、パーティションを一つにまとめました。

ファームをインストールする時に表示された多分中国語で言うところの【自己責任】表示が印象的でした。中華製で自己責任とか、嫌な予感しかしませんでしたが、通販サイトにデビットカードの番号を入力した私には怖いものはありません。

結局の所、ファームを入れ替えたところ調子は大変良好で、今は当初の予定を裏切り、普通にタブレットとして便利に使っています。
・・・と、今日、取引先でその話をしたら「火事にならないように注意してくださいね」といわれてしまいました。

購入される方は、予め、契約している火災保険が爆発にも対応しているか、確認しておくことをお勧めします。

何故、反中デモをベトナム政府が押さえ込むのか?

何故、反中デモをベトナム政府が押さえ込むのか?
↓背景には組織的に扇動されたデモという側面がありそうです。
【参考】http://president.jp/articles/-/12641

先のテレビ東京の取材で、革命コンサルタントなるビジネスが存在していることが今では知られています。革命マニュアルに到ってはフリーでダウンロードまで可能・・・
【参考】  http://miz2403.com/canvas/

今回のベトナムでのデモを扇動している者が誰かは分かりませんが、陰謀論までいかずとも、例えばライバル企業による外資への攻撃、というごくごく地味な動機も考えられるわけです。

今の日本人には理解できない感覚でしょうが、例えばかつての箱根山戦争とかでは、日本でも社会の迷惑なんて一切考えず、あらゆる可能な攻撃をライバルに行い、その中には物理的な攻撃も含んでいたわけです。

いずれにしても今ではデモは『扇動されて起きるもの』であり、切っ掛けさえあれば『多少のカネで意外と気軽に起こせるもの』と考えるべきでしょう。

ロスジェネ世代が上の世代から受け継いでいない能力

業務オペレーションの効率化に時間を割き、技術教育を広く行うことを怠ってしまい、技術屋集団ではなく「事務屋さん集団」に変わってしまった。結果、PL/BS上では数字は一時的に改善されるが、技術という目に見えない資産は大幅に目減りしてしまい、企業体力が低下してしまう。短期効果のみに着目したことによる悲劇の一例だ。
我々、ロスジェネ世代が上の世代から受け継いでいない能力がいくつかありますが、上記の記事には一通りそれが指摘されていますが、中でも代表的なものは『人を育てる力』です。
団塊世代が持っていなかった、数字やコスト削減の力を持つ一方で、常に人削減に晒されてきたロスジェネ世代には、人を育て、ビジネスを超えて人間関係を維持する力が不足しているのです。
海外では昭和の日本式経営に学ぼうとする国が数多くあります。しかし、我々ロスジェネ世代は、昭和の日本式経営を知らず、それを実行する能力を持ち合わせていません。
そういうツケを払うのはもう少し先の事だと思っていましたが、どうやら既に弊害は顕在化していたのですね。