ロンドンのスシ如きに驚いている場合ではない

ロンドンでは落とすと弾む寿司が販売されている。作っているのはサンドイッチチェーン店だ。

根本的に寿司のなんたるかの基本的理解が間違っている可能性があるのだが、今回、さらに愚かなことに、スシの基本を理解しないまま日本の応用的伝統文化にチャレンジする店が現れてしまった

ロンドンで女体盛りサービス開始【Tokyo Fuku-blog:】

同店では月1回限定で2010年の3月までこのサービスを続けるという。固定の店舗があるわけではなく、場所は1日前まで秘密、日を決めてメールで予約した顧客にSMSでロンドン中心部のどこかの場所が伝えられるというシステム。夜7時から開催され、同席者は12人から24人まで。

同店のサイトには「THE ART OF NYOTAIMORI DINING」と掲載されている。アートだそうだ。まぁなんというか、その熱い気持ちは伝わってくる。

なお、肝心の?スシを握るのはこの道20年のベテランだとの事だが、その点に関しては言うまでもなく信用に値しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。