米国経済対策は既に歳出カットの議論へ

米大統領、170億ドルの歳出カットを提案へ=当局者【ロイター】

米政府当局者によると、オバマ大統領は、7日に予定している2010会計年度(09年10月─10年9月)予算教書の詳細説明で、170億ドルの歳出カットを提案する。

大統領は2013年までに財政赤字を半減する方針を示している。

選挙対策でバラ撒いているだけではないんですよね。日本と違って。日本は与党も野党も大盤振る舞いです。もう歯止めはかからないでしょう。恐ろしい限りです。

世界経済の様々な指標が底打ちを示す中、日本は相も変わらず危機感を煽りまくっていますが、裏には政治的思惑でもあるんではないかとさえ思えてきます。危機のための一時対策といえば、何でも許されると思ったら大間違いです。

まぁもっとも、米国は政治は良くても企業が最悪。クライスラーの破綻も結局はヘッジファンドが譲歩しなかったことが原因なんて話を思い出せば、完璧な国などありえないことが良く分かります。政治の出来が悪いのは我慢できても、一生の時間の大半を費やすビジネスの場の倫理レベルが低いのは、多分耐え難いでしょうね・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。