郵便局の顧客満足度は上がっている

郵便局の顧客満足度、69.5%に上昇、ATM台数などには不満【日経BP】

従業員のあいさつや店舗の場所の便利さなどに満足しているとの回答が増え、それぞれ7割を超えた。一方、ATMの台数に不満があるという人は50.2%で、前回調査から3.6ポイント減ったものの引き続き半数を超えた。

「郵政民営化で郵便行政は破綻し~」云々とでもいうような議論が未だにあるが、現実問題として窓口対応の質は向上している。もちろん、民営化によるデメリットも発生しているし、そもそもこの調査も決して公正とはいえないものだが・・・・、郵政民営化をそんなにがんばって叩かなければ行けないほど、問題があったとは到底思えない。

それでも民営化のネガティブな面ばかりが取り上げられるというのも、選挙前ならではということか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。