盗んだ自転車で300Km走破。2日で達成

「父の死、伝えたい」盗んだ自転車で300キロ走破【ZAKZAK】

父の死を弟に伝えるために、盗んだ自転車に乗って2日間で300キロを走破したものの結局、弟に会えぬまま所持金が底をついた無職男が、窃盗の疑いで広島県警海田署に逮捕された。男は逮捕時の所持金がわずか10円で、3日間何も食べていなかった。

1万円程度のママチャリは遅く走ることを極めた自転車であり、その平均時速は多めに見積もって15Km/h程度でしょう。2日かけて300キロということは、一日あたり150Km。一日10時間、自転車をこいでいた計算です。

ちなみに普段自転車に乗らない人はだいたい一日あたり30Kmくらいからつらくなってきます。

それだけの根性があるなら日雇いの仕事を2日やって、電車を使った方が遙かに早かったと思われますが・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。