日本初のシャープペンシル、復刻

プラチナ万年筆、日本最初期型のシャープペンシル「早川式繰出鉛筆」を限定発売0237913_02

 

「シャープペンシル」という名称は英語にはありません。英語では「メカニカル・ペンシルMechanical pencil」が日本のシャープペンシルの正しい英訳になります。

皆様ご存知、現在シャープ株式会社の前身となる会社がこの早川式繰出鉛筆の製造をはじめたことで、日本ではシャープペンシルと呼ぶことが一般的になりました。

 

そ、そうだったのか。シャープペンの語源がそんなところにあったとは・・・・。ちなみにこの復刻版のモデルになった初期製造版は大正4年の作とのこと。戦前の作である。

値段は10000円と高いが、贈答用などにはいいかもしれない。

500万円のパソコン?

この出来損ないのデスクトップ機のようなマシンが500万円。桁間違いではない。5メガ円だ。

IMG_0212

その名もSun Ultra2。確かに値段はUltraだ。
筐体は黄ばみ、周りにはガムテープの粘着分がこびりついている、安物デスクトップのようなこのマシンがSunのワークステーション(超凄いパソコンの事)だとは思いもよらなかった。

もっとも、いくら当時高級なワークステーションだろうが、会社一のケチを自負する私にとっては、こんなものが会社にあったという事実それ自体が、怒りのタネ以外のなにものでもない。何しろ、紙カップコーヒーのお湯も若干多めに入れなければ気が済まない私だ。そんな私が最近構築した社内の開発用サーバーの値段などは、特価3万5000円である。桁間違いではない。

怒りのあまり500万円マシンのことが気になって仕事が進まないため、ネットで情報を探してみたところ、Sunのプレスリリースのキャッシュが見つかった。

「Sun Ultra 1」と「Sun Ultra 2 」は、業界最高レベルの性能を低価格で実現した、競合他社を寄せ付けない、非常に価格性能比の高いシステムです。

ちなみにこのマシンが発売されたのは1995~1997年にかけて。1997年は、日本でLinuxディストリビューションが本格的に販売され始めた年でもある。この頃からいわゆるIAサーバーが日本でも広がりを見せ始める。

IAサーバーというのは、我々が一般的に使っているパソコンの技術で作られたサーバーの事だ。昔はサーバーといえば、まず専用部品を設計して、それを少量作って組み上げるというのが普通だった。ところが、汎用部品が用いられたIAサーバーは、大量生産による低コスト化が容易で、それまでのコンピューター製造業を次々と駆逐していった。

それはSunも例外ではなかった。IAサーバー、IAワークステーションによって、Sunの市場も淘汰され、ついに先頃Oracleに買収された。まぁこれも時代の流れというものだろう。ちなみにワークステーションという市場は、実質的に既に、ない。普通のちょっとイイパソコンでそれらの用途が代用できるようになったためだ。

現在はサーバーのちょっと性能のいいヤツでも、お値段は50~100万円くらいだ。今はそれが常識的値段だが、5年後には「100万も出してサーバー買いやがって」といわれることは間違いない。「いいものを作るにはカネがかかる」そんな当たり前のセリフはIT業界では通用しない。

いいものだが安くできる。それがITの革新であり、怖さでもある。

サムスンのハードディスクがクラッシュしました

この辺をみていると昔からサムスンのハードディスクに痛い目を見た人は少なくないようです。

買ってから2ヶ月くらいしかたってないんですが、なんか猛烈に不良ブロックが発生してます。Windows 7のクリーンインストール後のデータ移行中にこれが発覚したので、猛烈に痛いことになってます。

もう、二度と、買わない。

イコライザー風味、光るTシャツ

【楽天市場】最新作!光る電子Tシャツ【ポイント10倍!】〔在庫アリ!〕光るTシャツTコライザー2009-2010バージョン【テクノグリーン】T-Qualizer★TQ Techno Green:変テコ雑貨の「にぎわい商店」

音に反応して光がアニメーションする画期的なイルミネーションTシャツ「Tコライザー」の最新2009-2010モデル★クラブやレイブなど暗闇の中で音や光が溢れている環境でのご使用が一般的ですが、夜の街を歩く時もあなたをサイバーに、スタイリッシュに演出します。

〔在庫アリ!〕光るTシャツTコライザー2009-2010バージョン【テクノグリーン】T-Qualizer★TQTechnoGreen

 ある意味、アニメキャラクタがプリントされたTシャツよりも、装着難易度は高い。
そもそも今では誰もが忘れているが、Tシャツというのは元々下着。別の意味で、勝負下着・・・・・?

仏陀再誕で話題のあのテーマソング「悟りにチャレンジ」が

いま話題のアニメ超大作映画『仏陀再誕』。きっと多くの人が衝動的に、あの衝撃のテーマソングのCD
を購入したくなるに違い。しかし、そんなCDなんて一般のショップに売っているのだろうか?

ご安心ください!これがロングテールの力だ!

Amazon.co.jp: 悟りにチャレンジ: ウ・ソンミン, 大川隆法: 音楽
悟りにチャレンジ

なお、作詞は大川隆法氏。歌詞が気になる方はこちらに全てが載っているが、とりあえず一度は何も見ずに聴かずに、仏陀再誕を見に行くことをオススメしたい。とはいえアレは、分かっていても、噴く。防御不能だ。

Xbox360は新規需要より買い換え需要

**店長からのメッセージ** 明日から『新価格』で~~す♪

「360」は新規のお客様より買い換え需要が多く新規のお客様に改定価格情報が届いていない印象です。

PS2からPS3みたいにゲーム機の世代が変わったわけではない。どんなに買い換えても遊べるゲームは同じだ。だが、何故か買い換え需要がある。

全く謎な限りだが、ハードディスクを買い換えようとすると1万円以上かかってゲーム機本体を買っても大して違わないとか、そもそも古い機種はHDMI端子が付いていないとかありえない仕様だったりするのが理由だろうか?

いや、やはり最大の理由は、3割を超える故障率だろう。しかも悩ましいことに、Xboxは「動くか?動かないか?」ではない。「普段は割と動くが、しばしば動かない」という旧世代のアナログ家電のような味わいがある。修理に出しゃぁイイってもんじゃないのさ・・・・・・。

携帯オーディオプレイヤーサイズのビデオカメラ

HDメモリーカメラ“PICSIO(ピクシオ)”「GC-FM1」を発売|ビクター

本機は、胸ポケットに入るフラットで軽量コンパクトなボディに、“1台2役” となる「ハイビジョン動画」撮影と高精細な「8メガ写真」撮影機能を搭載し、スナップ感覚で日常の気になるシーンを手軽に記録できます。また、YouTubeTMへのアップロードやiTunes®への動画転送※1に対応※2し、撮った映像を簡単に共有できるなど、映像コミュニケーションの楽しさを広げる、パーソナルユース向けの新提案商品です。

なかなか興味深い商品なのだが、最大のネックはやはり携帯電話との競合ではないだろうか。最近はハイビジョン動画もケータイで撮影できる。そのようなケータイは画素数こそ低いが、光学ズームなどが代わりに搭載されていたりする。利用シーンがこうしたケータイとかなりかぶっているので、ケータイよりも明らかに使い勝手がよいと実感してもらえるかどうかが重要だろう。YouTubeへのダイレクトアップロード機能などはこの商品にとっては重要なポイントかも知れない。

相場見通し

このときを待っていました。ここが、押し目だ、と思います。

● ドル円

朝は猛烈に円高が進みましたが、市場の薄い時間を短期筋が狙ってストップを狩りにいったに過ぎません。引き続き買いでチャンスを狙っています。

90円越えが確かになってから順張り的に追従するのが安全です。リスクを取るなら89円前半。ただこの水準で支えられていることにさほど合理的な理由があるとも思えませんのであまり信用しない方が良いでしょう。リスクポジションなので控えめに。

やはり90円回復を待って追従が安全です。

続きを読む

ロンドンのスシ如きに驚いている場合ではない

ロンドンでは落とすと弾む寿司が販売されている。作っているのはサンドイッチチェーン店だ。

根本的に寿司のなんたるかの基本的理解が間違っている可能性があるのだが、今回、さらに愚かなことに、スシの基本を理解しないまま日本の応用的伝統文化にチャレンジする店が現れてしまった

ロンドンで女体盛りサービス開始【Tokyo Fuku-blog:】

同店では月1回限定で2010年の3月までこのサービスを続けるという。固定の店舗があるわけではなく、場所は1日前まで秘密、日を決めてメールで予約した顧客にSMSでロンドン中心部のどこかの場所が伝えられるというシステム。夜7時から開催され、同席者は12人から24人まで。

同店のサイトには「THE ART OF NYOTAIMORI DINING」と掲載されている。アートだそうだ。まぁなんというか、その熱い気持ちは伝わってくる。

なお、肝心の?スシを握るのはこの道20年のベテランだとの事だが、その点に関しては言うまでもなく信用に値しない。

相場見通し

● ドル円

いきなり90円を割れてしまいましたが、押し目買いのチャンス。今日はさすがに様子見ですが、90円より下は反発も早いと予想しています。

90円割れは短期筋から見ればムリをしてでも試したい水準でもあっただけに、90.70前後のサポートが割れたことでそうした動きが出るの無理からぬ事です。何度が90円が支えられたので大丈夫と思ったんですが・・・・。

ただ、89.50円までならごく短期的な動きです。万一ここを割れた場合は年初高値である87円のリスク計算せざるを得ませんが、テクニカルに見れば行き過ぎの間が強いでしょう。何処で買うか?という観点で眺めたいと思います。

続きを読む