「ネットの名誉毀損」とひとくくりにするのはもう止めよう

2ちゃんや匿名のブログでは、それに対しては反論する術はありませんが、相手が実名のブログや個人のホームページ(HP)であれば、名誉毀損で訴えることは可能なはずです。

しかし、“ネットの書き込みに対しては、名誉棄損は限定的にしか適用されない”。こんな不条理な判決が1審で示された裁判が、控訴審判決で逆転有罪になりました。読売新聞などによると、その内容は以下のようになります。

問題になったサイトの情報くらいは当たりましょう。信頼性が低いのはあなたの記事の方だ!

と、橋爪さんを応援したい私としてはそういいたくもなります。少なくとも「事実無根のいわれなき誹謗中傷」の例としては不適切であることはコレまでにも何度かお話してきました。そもそも匿名掲示板の書き込みと同列に並べることがおかしいです。

――が、しかし。こと、この件に関しては「問題になったサイトの情報くらいは当たりましょう」というのは大変酷で、そういう誤解が生まれるのも致し方ないことです。マスコミが詳しい報道をしないこともあり、むしろ誤解して当然の上、もうひとつの事情があります。

続きを読む

ついにネットの名誉毀損で大量摘発へ

著名人などのブログに悪意の書き込みが集中して閉鎖に追い込まれたりする問題で、警視庁は、男性タレント(37)のブログを攻撃した17~45歳の男女18人について、名誉棄損容疑で刑事責任を追及することを決めた。

これはいうまでもなく、先日ご紹介した『ネットの名誉毀損、無罪が一転、逆転有罪判決』の件と密接にリンクしています。

テストケース、即ち判例を作る為に――、検察は本来なら不起訴処分相当の事案を起訴に持ち込んだのでした。そしてそのことが、この芸能人ブログ事件立件の布石になったといって差し支えないでしょう。

続きを読む

ネットの名誉毀損、無罪が一転、逆転有罪判決

男性に逆転有罪 HP書き込み 東京高裁判決『閲覧で被害深刻』【東京新聞】

インターネットのホームページ(HP)でラーメン店のフランチャイズ運営会社を中傷する書き込みをしたとして、名誉棄損の罪に問われた会社員橋爪研吾被告(37)の控訴審判決公判で、東京高裁は三十日、一審の無罪判決を破棄、求刑通り罰金三十万円の有罪判決を言い渡した。

一審はネット上の名誉棄損の成立の基準を緩和する判断を示したが、長岡哲次裁判長は「ネットを使った個人利用者による情報に限って、基準を緩和する考え方には賛同できない」と指摘した。橋爪被告側は上告する方針。

実はこの判決、当日休みが取れましたので、私も傍聴に言ってきました。判決に関する細かい話は判決文がUPされてからにしたいと思いますが、どうも事件に関する誤解が多いようなので、私の方からその辺の誤解をフォローさせていただきたいと思います。

 
続きを読む