米国、早くも景気の底が見えてきたか?

経済危機に「改善の兆し」 景気底打ち期待感背景に【ロイター】

同日発表となった二月の米中古住宅販売戸数が市場予想を上回って増加したことも相場を押し上げた。上昇幅は一時、五〇二ドルに達した。

金融危機の陰の主役である住宅価格の下げ止まりが確認されつつあります。これを書いている今日も、米2月新築住宅販売件数が市場予想を上回っており、気の早い話だが景気の底が見えてきた状況だ。

そういえば、去年の夏頃に無邪気にも「米国経済の悲観的な状態は2009年1Qまでで底。2009年は概ね、緩やかな回復基調で推移すると考えています」なんて書いたことを思い出した。そのあと例の100年に1度の金融危機が起こり、「ハッハッハ、大外れだぜ!」なんて思っていたのですが・・・・。

2009年1Qをもって過度な悲観論は後退し、まもなく「普通の悲観論」の水準に戻る、くらいのことは言ってもよさそうです。恐慌指数もあとちょっとで、平常水準に戻りそうですしね。ただ、そこからの道のりはやはり長くて、今度は「まだ低迷から脱出できないのか!」という、いわば期待とイライラが政治や経済を動かす状況に移っていくと考えています。

まぁつまり「景気回復なんて実感できない」というお決まりのセリフが出る状況が続きます。それどころか、景気は少し遅れて実感されるものですから、特に日本のマスコミの中では経済に対する悲観論は後退しないかもしれません。

実際に景気が底を打ったかどうかは来年くらいになれば、結果が出るでしょう。ただし、その頃には投資に限らず、多くのチャンスは過ぎ去っているであろうことは明言しておきます。

景気回復を”自分が”実感できるかどうかではなく、訪れるであろうチャンスをどう生かすべきかをしっかり考えたいものです。景気回復が実感できるのをただ待っている人には、永遠に景気回復は訪れないかもしれません。それがグローバル競争の現代というものです。

今日の為替見通し

● ドル円

若干98円を下回っていますが、こういうときは以前に書いた内容「何事もなければ97~98円に吸い込まれやすい」を思い出しましょう。ただし、実需等の投機ではない資金による円安が進んでいますので、当然のこの目安も今は上がってきていると考えられます。
続きを読む

超合金マジンガーZ 200万円

UMC | アーバン・マテリアル・超合金【魂ウェブ】

・ 2009年秋より受注開始を予定。詳しい情報はこのサイト上で更新いたします。
・ 完全受注生産となります。受注後、商品お届けまでにお時間をいただく場合があリます

さすがに超合金Z製とはいかなかったが、チタンとカーボン素材で構成されたある意味ロボットとしては理想の形。そう、スーパーロボット実現の最大の課題はその重量にある。

スーパーロボットの夢を手元に置いておけると思えば、200万円など安いものだ?

ネット証券大手2社に業務停止命令

ネット証券大手2社が業務停止、不十分なシステム管理で【読売新聞】

金融庁によると、マネックス証券は2006年6月、システム管理が適切でないとして業務改善命令を受け、改善計画を提出した。しかし、その後もシステム障害を多発させた。

楽天証券は、05年11月と07年6月に業務改善命令を受けたが、大規模なシステム障害の発生を防げず、復旧体制も不十分だった。

いやぁ、本当に業務改善命令が出ちゃいましたね。それぞれ指摘を受けたのに直っていないという状況ですからまぁやむを得ないでしょう。

システムエンジニアとしては、安定性というのは意外に軽視されがちなので、こういう監査とか罰則とがある方が、業界全体のサービスクオリティアップには貢献すると思います。

あとは、これが転じて「規制強化」とか言い出さないことを祈るばかり。これも何度か書きましたが、日本に足りないのは規制ではなく(むしろ過剰)、規制が守られているかどうかを確認する仕組みです。昨今の金融危機を前に無邪気に「規制強化」と連呼するマスコミなどを見ていると、むしろそちらの方が暗鬱とした気持ちになれます。

WBC日本勝利で株急騰、レンジをさらに越える

ホットストック:野球のWBCで日本が連覇、関連銘柄も堅調に推移【ロイター】

野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦で日本が韓国を5─3で破り2連覇を達成した。ユニフォームを提供するミズノ(8022.T: 株価, ニュース, レポート)、スポンサーのアサヒビール(2502.T: 株価, ニュース, レポート)や日本マクドナルドホールディングス(2702.Q: 株価, ニュース, レポート)、試合中継のTBS(9401.T: 株価, ニュース, レポート)など関連銘柄の株価も堅調に推移している。

実際には試合終了前からもみ合いを抜けて、日経平均は上昇しており、最終的には「加熱気味」と考えられていた、8400の壁を一気に突破しました。延長時点で既に日本の勝利を織り込んでいた?ということにしておきましょう。

続きを読む

AIG幹部宅見学バスツアー

米AIGの賞与問題に怒り、幹部邸宅の見学バスツアー催行へ【世界びっくりニュース】

コネティカット・ワーキング・ファミリーズ党は、ウェブサイトで「われわれ全員がAIGに怒っている」とメッセージを掲載。その上で「裕福で恥ずべき人々のライフスタイル」と名付けられたバスツアーへの参加を呼びかけている。同ツアーは21日に催行予定で、集合場所はコネティカット州ウィルトンの同党本部となっている

どこの国もやることは案外似ているもんだと思った。

【参考】「麻生邸見学ツアー」逮捕映像がYouTubeで視聴14万回超

日本と違うところは、ツアーを主催しているのは一応は政党であるというところだろうか。まぁ、逮捕云々は抜きにしても、大挙して他人の家に押しかけようなどという人間にロクなヤツはいないと思う。

ところで、”最近の”政治力では評価が高い米国だが、調査によると米国民の多くは周りの状況よりも自分のやる気が大切だと考えているのだそうだ。

米国民の多く、リセッション局面でも楽観的=調査【ロイター】

成功を収めるためには、周りの状況よりも自分のやる気が大切だと考えている人は、71%に上った。

多分、ツアーに参加するのは残り29%の人間なのだろう。日本でもその程度の割合であると信じたいが、日本の困ったところは、実際国民自身に問題があるというよりは、多分に政治(特に官僚)に大きな原因があるということだ。

もっともその政治を支えているのが国民なのだから、どんなに文句を言っても私たち日本国民の行動の帰結に過ぎないわけだが。

反物質爆弾(SF)を恐れて実在の研究所にクレームを入れる人々

東大教授、映画に科学で反論「反物質で爆弾、不可能」【朝日新聞】

記者会見を開いた理由については「映画はエンターテインメント。科学性を論じるのはヤボなことだと承知している。ただ、最近、反物質研究は危険ではないかという問い合わせが相次いだので、正しく理解してほしいと考えた」と話した

どうやら現実世界には、空想と現実の区別の付かない人々がことのほか多いようだ。

そもそも「反物質○○」みたいなものはSFの設定としては古典に当たる。それをいまどき、わざわざ科学者に真剣に問い合わせているというのはこれも映画の効果なのか。あるいはネタの確保を企む人々による電凸行為なのか。人間としては腐っているが、後者のほうがまだ救いがあるような気がしないでもない。

日本の景気対策の質が悪いのもマスコミのせいか?

定額給付金とモラルの退廃【朝日新聞】

もっと問題なのは、この定額給付金を評価しないという声が多いのに、辞退者がごく少ないという事実だ。まさにモラルの退廃である。最近の主要なマスコミの世論調査によると、定額給付金を「評価しない」とする意見が大体6割前後である。これに対し、「受けとらない」とする回答はほんの数%に過ぎない。評価しないなら、受け取らないのが筋であろう。

私は受け取りますよ。定額給付金には反対ですけど。また、他に同じように考えている皆さんにも受け取ることをオススメします。それ以前にそもそも、反対のウチの多くは金額が少なすぎるという理由だったはずですが・・・・。自分たちの調査結果まで忘れてしまったというのでしょうか?

続きを読む