多分、野菜の鮮度は世界一なカフェ

注文を受けてから野菜を“収穫”して提供する店が登場【日経レストラン】

注文を受けてから野菜を“収穫”して提供する店が登場

そ、そうか、その手があったか!というプチアイデアビジネス。話のネタ作りに一度行ってみたいと思わせるが、それ以上にこのヘルシー志向の世の中にあっては新鮮サラダは支持を受けるかも知れない。

日本のやり過ぎインフルエンザ対策に、世界から奇異の目が・・・・

新型インフルエンザ対策をアメリカ人が爆笑する理由 【為替王】

 

「飛行機が成田に到着したら、水色の服と帽子をかぶった集団が10人くらい、でっかいゴーグルとマスクつけて、長靴はいて乗り込んできた。日本と間違えてアフガニスタンにでも着いたのかと思った。テロ集団の乗っ取りかと思ったよ。」
(中略)
「私の近くの座席にいたのはジャーナリストかもしれないが、彼は写真を撮っていた。気の毒だが、この日本の滑稽なシーンが世界中に配信されるかもしれない。」

インフルエンザ感染パーティーなんてやってる国の奴らにいわれたくないという気はするのだが、さすがに私もそろそろ恥ずかしいレベルに達して来たなという気がしていた。

感染予防という目的には明らかに過剰性能なマスクを勝手に『WHO推奨マスク』等と称して売りさばき、WHOの怒りを買った事実など全く知らずに、高級マスクを国民総出で買いまくっている日本は世界から見れば大変奇異な国なのは間違いない。実のところ日本人のマスク好きは、安全意識が過剰とかいうそれっぽい理由ではなく「花粉症で世界一マスク慣れしている国だから」というのが最大の理由であったりはするのだが。

最初は感染防止に有効だとマスクを売り、実は防止には期待したほどの効果がない(多少はあるが)と言うことが明らかになると今度は「他人に移すことを防ぐ為」「マナーのため」等と称してマスクが売りまくられている現状については正直、あまり素直に受け取ることができない。

まぁマスクくらいなら笑い話で済むのだが、私が気にしているのはむしろこっち。

 学会にも影 渡航自粛で軒並み欠席「なぜ日本だけ…」【朝日新聞】

 

メールには、米国にいる学会関係者が、日本の研究者の学会欠席が目立つと指摘していることが書かれていた。他国の研究者にそのような動きはないらしく、「なぜ日本だけが……」と不思議がられ、新型インフルエンザを「トウキョウフルー(東京インフルエンザ)」と呼ぶ現地の研究者もいるという。

 何事も、やり過ぎは滑稽です。

痛鯖キット付き低価格サーバーをNTT-Xが販売

痛鯖(イタサバ)キット付き,NTT-Xで廉価版Windows OSをバンドルした低価格サーバーを販売【IT Pro】

「ITに詳しいユーザーが,家庭内やSOHOのサーバーとして利用しているようだ。このユーザー層に向けてWindows Server 2008 FoundationのクライアントOSと兼用できる点をアピールし,拡販につなげたい」(梅田氏)。

「このユーザー層に向けて――」ときて、どうして「痛鯖キットのおまけ付き」というプロモーションになるのか全く理解に苦しむのだが・・・・。インタービューでも公式ストアでも痛鯖キットのことにはほとんど触れられておらず、担当の誰かが突っ走ってしまったのか、もしくはそこは敢えてつっこまないのが大人の対応ということを期待しているのかのどちらかだろう。

守る価値があったのだろうか?

「反対…でも守って」 海自がピースボートを護衛 ソマリア沖【産経ニュース】

ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。

それはつまり、他人の安全に関しては、安全より主張が優先する、と。即ち

 自分達の安全 > 自分達の主張 > 他人の安全

ということですね。人間として最悪です。

Googleの障害をこの身で味わいました

Google障害:「世界の全トラフィックの5%が消失」した時のグラフ【ワイアードビジョン】

これは印象的なグラフだが、Google社がインターネットの中心であることをこのグラフよりも如実に物語るものは、Google社の障害が、メディアやメーリング・リスト、『Twitter』上で大騒ぎを引き起こしたことだろう。

買ったばかりのVAIO Type Pの設定もだいぶ進んだ頃、さてGoogleツールバーでもインストールしようかなと思ったら――、ダウンロードが全然進まないんですよ。

他のサイトは早いのにgoogleツールバーのダウンロードだけ、昔の電話線ダイヤルアップか?っていうくらい遅かったです。私はプロバイダとかIX(インターネットの交差点みたいなところ)を疑ったんですが、なんとGoogle自らの障害だったらしい。

Googleはインターネットクラウドという技術を使って、自社のサービスを提供しているのですが、その実態は何万台もあるサーバー群。Googleの持つサーバーの台数は100万台を超えていると言われ、それは日本のサーバー総出荷台数よりも多いのです。

Googleのサービスは、こうした100万台ものサーバーに適切に処理を割り振ることで成り立っています。いくら100万台のサーバーを持っていても、その一部だけしか働いていなければ意味がないですからね。この処理割り振りのための仕組みはCDN(コンテンツデリバリネットワーク)と呼ばれ、実は使い古されて安定した技術の一つです。それ自体はさほど、高度な技術ではありません。

しかし、技術が高度でないことと障害が起きないことは別問題。些細なミスで障害ってのは起きるモンです。それは技術力の有無に関係ないんですね。

さらに困ったことに、このCDNという仕組みは一度障害が発生し始めると収束させることがかなり難しい。例えばそれは、一度発生した交通渋滞を解決するのは唯一時間だけであることよく似ています。インターネットでもそれと同じことが起きるわけです。その上、世界中にサーバーが散らばってるんですから・・・・。

もともとインターネットの技術が軍事技術から転用されたものであることはよく知られていますが、今のインターネットは当初考えられたような軍事面でも耐えられるような頑丈さは持ち合わせていません。ほんのちょっと、交通整理をミスしただけで、容易に世界に障害が広がるのがインターネットなんです。

相場見通し

● ドル円

95円に目処を置いたのは失敗だったかも、という気がしています。というのも、予想よりも簡単に多少余裕を積んで94.70円くらいでよかったかも・・・・。95円を支えるオプションを見誤った為ですが、95~96円のレンジ感は相変わらず強く、引き続き95円を超えたラインから買い、96円付近で売るというのでイイでしょう。もちろんこのレンジを活かして売り立ててもよし。

続きを読む

速水元日銀総裁が死去

速水優・元日銀総裁 信念の人、頑固に国益追求【FujiSankei Business i.】

日銀総裁に就任したのは平成10年。前年に北海道拓殖銀行や山一証券が相次ぎ破綻(はたん)。大蔵・日銀の不祥事も重なり、日本の金融に対する信頼が失墜した時期だった。在任中には日本長期信用銀行(現新生銀行)、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)などの破綻処理にあたった。「日本発の世界恐慌」の懸念すら広がる中で、金融システムの安定化に奔走した。

こういうとき、在任中に多少失敗はあってもまずは功績を讃えるというのは日本の文化のよいところかもしれない。

私からも書き足しておくと、日銀が先進国の中央銀行として必要十分な独立性を得られたのは、速水元総裁のおかげだ。皆さんご存知の通り、日本の政治は先進各国の中でも下から数えたほうが早いくらいにレベルが低いので、政治の都合が金融政策にそのまま反映してしまうと大変なことになる。そして事実、大変なことになっていた。

速水元総裁が徹底して政治からの干渉を排除しようとしたことで、日銀の独立性に対する理解も広まり、その後の日銀はバランスの良い立ち位置を維持できるようになった。日銀を先進国の中央銀行として恥ずかしくない存在とする、その下地を整えたのは速見元総裁だったといえるかもしれない。