フレッド ・フェルプスとは?

● フレッド ・フェルプス

ウエストボロー・バプティスト・チャーチ教祖。

人種差別を憎む人権派弁護士だったが、ある日、法廷記者を侮辱した罪で法曹界を追放される。

この際「同性愛者が全て悪い」「同性愛を認めるアメリカこそが悪である」と気づき、同性愛とそれを保護するアメリカに復讐するため、ウエストボロー・バプティスト・チャーチを設立した。

スローガンは「神はゲイを憎んでいる」※1。

以降、全米各地の戦死した軍人、殺人事件の被害者などの葬儀に乱入。「神はアメリカを憎んでいる」「彼は地獄に堕ちた」などのプラカードを掲げてしてデモを実施してきた。(悲惨な死は同性愛を認める米国民に対する神の怒りの表れだからである)。

また、教会の活動を妨害する者に対しては「表現の自由」を盾に法廷闘争を仕掛け、元弁護士牧師の力を見せつけた。今や教会の運営費は賠償金と国の弁護士助成金で賄われている ※2。

そんな彼らに対し、無力な米国民たちに出来ることは「葬式でデモをするの禁止」という法律を作ることだけだった。

あのKKKさえもが「彼らと私たちは無関係だ」というプレスリリースを出して距離を置き、もはや向かうところ敵無しと思われた、そんな時――。

2009年4月頃、マイケル・ムーア監督による「ラブワゴン」攻撃を受け初の敗北。そして2010年7月、「同性愛」に飽きた彼らが「偶像崇拝」をキーワードに、コミックと映画の祭典に集まったのヲタク共をに攻撃しようとして、失敗。反撃のデモに遭い、敗北を喫した。

こうした背景から、彼は映画やコミックを憎んでおり、現在は米国のヲタク共に対する復讐の機会を伺っていると考えられている。しかし彼はまだ「日本にはBLと呼ばれる偶像崇拝的同性愛マンガが愛する強敵たちがいる」という事実を知らない。

※1 バリエーションに「神はダイエットペプシを憎んでいる」というものがある。
※2 米国ではセクション1988と呼ばれる法律によって市民の権利に関する裁判の弁護士費用は国によって補助される

インドネシアのイスラム教徒、祈りの方角を間違えていた事が判明

国民の88.6%がイスラム教徒であるインドネシアでとんでもないことが判明しました。イスラム教徒は、毎日決まった時間に聖地に向けて祈りを捧げることで知られていますが、その方角が間違っていたのです。

【CNN 2010年7月20日】「祈りの方角間違えた」 インドネシアのイスラム令訂
ウレマ評議会は3月に国内の信者に対し、日々の祈りを捧げる時は西の方角を向くようにとの指示を出していた。イスラム教ではサウジアラビア・メッカの聖地の方角を向いて祈りを捧げることになっており、インドネシアから見ると聖地は西の方角にあるとの判断だった。

しかし実際には、インドネシアの西側にはアフリカ大陸があり、メッカは北西の方角だったことが判明した。

この間違いのため、評議会は信者に謝罪し「西ではなく北西に向かって祈るように!」という改正令を交付しました。しかし、厳しい宗教戒律で知られているイスラム教。そんなことで許されるのでしょうか?
しかし、心配には及ばないようです。評議会の師によると――

「アラーは、人間が過ちを犯すことを判って下さいます」「アラーはいつも我々の祈りを聞いているのです」【Telegraph 2010年7月19日】

どうやら、イスラムの社会でも神様は寛大なようです。

マウスを丸洗いしてみました

いやぁ、最近ボタンの反応が悪くて。

明日までしっかり乾かす予定です。運が良ければこれで直るかもしれません。昔、キーボードはこれで直したことがあります。

【追記】
直りました!バッチリです!。使った洗剤はこれ。本来はバスタブ用だけど、スプレーするだけできれいになるので、家電などを洗うのに便利?(私は何の保証もしませんヨ!)

自分のDNA情報を添付した「ご真体」販売。10億円を脱税

宗教法人のメリットといえばなんといっても税免除!

「ご真体」販売で10億円所得隠し=宗教家男性、非課税申告-金沢国税局【時事ドットコム】

置物は男性のDNA情報を入れたチップを貼り付けたもので、値段は100万円。クリスタルガラス製で、「ご真体」と呼ばれていた。国内外に約1000体を販売したが、売り上げの約6割は未収という。 男性は、買収を計画していた宗教法人の公益事業の収入として申告したが、金沢国税局は昨年春、結局宗教法人は買収しておらず、個人所得として申告すべきだったと指摘。

そもそも宗教法人ってそんなに手軽に買収できるものなんでしょうか?
実のところ宗教法人を買収っていうような話は後を絶たず、現実に行われているようです。この事件も、もしこの男性がちゃんと?宗教法人を買収さえしていれば事件化すらしていなかったと思われるのが恐ろしい限りです。

娘にエロゲキャラの名前をつける人間は意外といるはず

娘にエロゲキャラの名前をつけ妻にバレた男性が困る【Ameba News】

投稿した男性は「子供が娘だとわかった時に、俺に加奈以外の選択肢はなかった」「最悪(家族会議で)プレイすることになっても、 みんな感動して逆に俺に感謝するってことも考えられるな」と前向きなコメントを書き込んでいる。

このニュースを最初に聞いたとき、「アイツのことか!」と学生時代の友人の顔が思い浮かんだが、キャラ名が違うのでどうやら違うようだ。

私が下手にブログにそいつの事を書いて万が一それが彼の家族の目にとまったらと思うと、恐ろしくてそのキャラ名すら書けない。上記の記事のように感動系ゲームなどではないため、タイトル名を書くことすらはばかられる。冗談抜きで家族崩壊の危機に至りかねない。それに比べれば、記事中の男はまだマシだといってもいいほどだ。

このような事例は世間で想像されているよりも意外とあるのではないだろうか?と、いうのが、私の友人は傍目から見たらヲタになど全く見えないのだ。フツーのサラリーマンである。ところがそういうヤツが隠れて、エロゲのキャラの名前を子供につけているのだとしたら・・・・。
貴方もダンナが娘につけた名前について、一度調べてみた方がいいかもしれない。

女性店員強盗に反撃、パンチ→手錠→テーザー銃

サンドイッチショップ店員、ナックルサンドイッチで強盗撃退【エキサイトニュース】

「その瞬間に頭に思い浮かんだのは……殴りつけることでした。だから殴ったのです」とマシューズさん。
(中略)
近くにいた人が彼女に手錠を渡し、また、格闘の舞台が店外に移動すると別の人物がマシューズさんにテーザー銃を手渡したという。マシューズさんは手錠、テーザー銃の両方を使用、警察が駆けつける前に強盗を押さえつけることに成功した。

突っ込みどころ満載。「そこに山があるからだ」的なセリフに始まり、手錠やテーザー銃を貸す通行人。おまえら何でそんなもの持ってる?っていうか、貸す暇があったら手伝えよw

こういう事件を見ると日本の平和のありがたさが良く理解できる?ような気がする。