ロスジェネ世代が上の世代から受け継いでいない能力

業務オペレーションの効率化に時間を割き、技術教育を広く行うことを怠ってしまい、技術屋集団ではなく「事務屋さん集団」に変わってしまった。結果、PL/BS上では数字は一時的に改善されるが、技術という目に見えない資産は大幅に目減りしてしまい、企業体力が低下してしまう。短期効果のみに着目したことによる悲劇の一例だ。
我々、ロスジェネ世代が上の世代から受け継いでいない能力がいくつかありますが、上記の記事には一通りそれが指摘されていますが、中でも代表的なものは『人を育てる力』です。
団塊世代が持っていなかった、数字やコスト削減の力を持つ一方で、常に人削減に晒されてきたロスジェネ世代には、人を育て、ビジネスを超えて人間関係を維持する力が不足しているのです。
海外では昭和の日本式経営に学ぼうとする国が数多くあります。しかし、我々ロスジェネ世代は、昭和の日本式経営を知らず、それを実行する能力を持ち合わせていません。
そういうツケを払うのはもう少し先の事だと思っていましたが、どうやら既に弊害は顕在化していたのですね。

ソーシャルゲームメーカーには収益の多角化が必須

ソーシャルゲーム全盛時代に「PS Vita」はどう離陸するのか【ITmedia】

特に昨今増えているのが、SNSで提供されているソーシャルゲームの利用者だ。カジュアルゲーム市場をソーシャルゲーム10 件が浸食し続けていると言ってもいいかもしれない。

 

今、ソーシャルゲームの業界は凄く儲かっていて、 「ゲームを一発当てる」っていう発想になってます。でも例えば、ファミコン時代のソフトウェアハウスで 生き残っている企業がどれだけあるでしょうか?

最近のソーシャルゲームはゲームのクオリティも上がっていて、それに伴って 技術的なハードルも凄く上がっています。しかしそれは『開発費の高騰』を招く行為であり、ファミコンからPS3までで 多くのソフトウェアハウスが倒産してきた黄金パターンです。

高騰した開発費はゲームが失敗したときのダメージをより大きくします。成長する市場の中(即ち今)では、多少失敗しても赤字にはなりませんが、成熟した市場の中では良い製品を作っても失敗するというリスクが生まれてきます。

そのときに、高騰した開発費のダメージを吸収しきれずに、多くのソフトウェアハウスが倒産するわけですね。

現在の大手ソフトウェアハウス、即ちパブリッシャーはほぼ例外なく ゲーム以外の事業からも収益を上げるスキームを持っています。

そうした事例に学んでも分かるように、ソーシャルゲームを制作する企業は、ゲーム周辺ビジネスの確立が必須と言えるでしょう。

10年後も企業として存続し続ける為には、今、確実に儲かる市況のうちに、次の手を準備しておくべきでしょう。単にソーシャルゲームを海外に輸出すれば済むという話ではないと思います。

キャンドゥ、入社3年目の息子が代表取締役に

キャンドゥ社長死去、報道後から株価急落 【SANSPO.COM】

遺体に目立った外傷はなく、死後2週間ほどたっているとみられる。死因は不明だが、病死の可能性が高いという。

一部上場企業の社長が二週間音信不通でも会社が回るってある意味凄いというか・・・。各所で話題になっていますが、実はそれ以上に興味深いのが以前の株主総会の頃から続く、同族経営の権限引き渡し。

キャンドゥの第16回定時株主総会

城戸社長さんの息子さんですよね?会社を私物化しているのではないでしょうか?

社長急死「キャンドゥ」株価が急落 代表取締役2人を選任【 SANKEI DIGITAL 】

100円ショップ大手のキャンドゥは21日、城戸博司社長の急死に伴い、北川清水販売本部本部長と城戸一弥経営企画室室長の2人を21日付で代表取締役にする人事を発表した。

手際が良いのか、悪いのか。城戸一弥代表取締役は確か今年で25歳。入社3年目。一部上場企業でもトヨタのように一族が社長をしている例もありますから、単純に一族だから云々という事ではないのですが・・・。むしろ株主総会から、今年の騒動に至るまでの一連の流れを見ている限り、同族経営を思い切り悪い方向に発揮しているような気がします。まぁそこをどれだけ是正できるかが新社長(次の株主総会の頃くらいに多分決まる)の手腕でしょうけど。

電気工事士の資格無しに家庭の電気工事をしてもいいのか?

● 答え

原則、やってはいけない。違法である。
DIYショップによく電気用のケーブルが売られているが、よく見ると小さく「実際の工事には電気工事士の資格が必要です」などと書いてある。

以上、勤務先で関東電気保安協会に電話で問い合わせてもらいました。関東電気保安協会の方、ありがとうございました。

自宅のコンセントを一つ増やす、とか気軽にやっちゃうと違法みたいなので注意しましょう。

また私見ですが、そもそもマンションなどでは電気工事しようとする部分が共用部分にあたる可能性もありますので、こうした部分でも注意が必要と思います。

市場を寡占するはずだったWiiは今どうなっているのか?

任天堂が急落、「3DS」「Wii」次世代機などの販売延期観測が浮上【サーチナ】

同証券では、「ローンチ戦略を再考する」と見ており、戦略的な販売遅延を想定し、「ニンテンドー3DS」の海外販売を年内から来年初頭想定へ変更すると予想。「Wii」次世代機投入も来期から再来期想定に変更し、業績予想を減額修正している。

だからあれほど、任天堂が市場を支配することなどあり得ないといいました。どうだこのヤロウ、その通りになっただろう、と。

続きを読む

相場見通し

● ドル円

ごく短期的な節目、90.50を上抜けています。この水準にはオプションがあると言われていました。

ただ、相場全体がもみ合い感が強いので押し目を拾えているなら無理に手を出す必要もないと感じます。果敢に行くなら89.70円あたりを損切りラインで。

相場全体が堅調な中、金価格がたびたび急落しています。このままNYダウなどが10600ドル越え確保に成功するなら、金価格の下落は前向きなドル高を示していることになりますので、ドル円にとっても好材料でしょう。

続きを読む

相場見通し

● ドル円

90円台から重くなっていますが、本来テクニカルに重いのは91円台。88~92円のレンジを想定するのが無難です。92円に上抜けすれば次の円安トレンドですが、底に至るには株価の方が一度底固めする必要があるでしょう。特に円安方向に動くには株価の再上昇が必要です。一度反落して、下値を確認する必要があるでしょう。

続きを読む

確定拠出年金の運用成績が未だにマイナス

ふと、確定拠出年金の運用結果を確認してみたところ――、運用成績が未だにマイナス・・・・。これでは確定拠出年金が普及しないのも無理はない、などと自分の指図のまずさを棚に上げて主張してみる。

鳴り物入りで登場した確定拠出年金ですが、実際のところ普及は思った以上に進んでいません。実は掛金は全額が所得控除の対象になるという猛烈なメリットがあるため、もう少し普及しても良さそうなモノですけど・・・・。長年続くデフレも大きく影響していると思います。

デフレ環境下では株などのリスク資産は言うまでもなく目減りしていきます。その為、定期預金に入れておくのが一番賢い運用方法という事になってしまうわけですが、それなら確定拠出年金などという仕組みを使わずに、普通に定期預金に入れておけばいいと考えるのも無理からぬ事でしょう。
※ 実際には税控除の分だけ、確定拠出年金の方が得になることが多い

個人的には景気は概ね底打ちし、ここから再度下降に向かうとしても底は知れてるので、確定拠出年金の利用をお勧めしたいですね。私みたいに転職の多い人間であればなおさらの事。

特に注意したいのは「前勤務していた会社でやっていたことがあるような気がする」というパターン。何の手続きもしていないと自動移換者となり、あの国民年金基金連合会に資産が移されるばかりか、毎月50円の管理手数料まで徴収されます。せっかく積み立てた資産が悲惨なことになります。せめて手続きくらいはしておかないと。

特に強くお勧めしたいのは経営者の方。確定拠出年金は60歳まで手をつけることが許されておらず、年金資産を借金の担保にすることは出来ません。本当に老後の為ということを考えるなら、会社の借金の保証人になりがちな経営者の方にとって、これは重要なことだと思います。

なお、2010年4月には、マッチング拠出と呼ばれる「企業の拠出にプラスして個人でも拠出金額をプラス出来る」制度が施行されると言われていますが・・・。現在の政治混乱の中で予定通りに運ぶのか、心配なところです。

ちなみに私は、4月以降はりそなの個人型確定拠出年金に入ろうかなと検討中。他に良いものがあればそっちに移るかも知れませんけど。

相場見通し

● ドル円

上がらなければ落ちる、という言葉がふさわしい状況。実需の売りが強いため、リスク志向堅調な中で下値を切り下げている。

ポイントは3/19いっぱいまでの間にどこまで下値が切り下がるか?決算を引き金にした実需の売りは19日いっぱいくらいまでがクライマックスで、3/22以降は状況が改善してくる。

ただし、その段階で88円に迫っているようだと、短期筋の売りが活発化して一気に88円を割り込んでくる可能性が出てくる。それらを考えて買いの下値として許容できるのが88.40円と言うこと。88円目前までに複数のサポートがあり、支えられるという期待はあろうが、上がらないものをわざわざ慌てて買う必要はない

● ユーロ

ユーロ売りにも限度があり、レンジを形成しやすいという見通しは当たっていると思います。ただ、短期の戦術としてみればまだ戻り売りが機能している状況。ここまでの下落が熾烈だっただけに、本格的な反発が入れば戻しも大きなものになりそうですが、先高感は抱いておらず、十分に待ってからの戻り売り再開を念頭に置いています。

今の水準であれば、豪ドルなどの買いに神経を費やしたいところ。豪ドルも株も、上昇しているとはいえ難しい局面なので。

● 豪ドル

当初予定していていた、0.904を超えたら追加で買い、というシナリオ通りに行動しては見たが・・・・。正直、上値が重い印象。まだ上に放たれたとは言い難い。着実に上値は更新しているので、諦めるには早すぎるが、押し戻されるというシナリオはしっかり念頭に置いておきたい。

しっかり上に放たれれば、0.93半ばが視野に入る。

● 株

日経平均で10000円を割れない程度を目安に買い。現代は円高で買いが弱いが、逆に株に関しては日本株が出遅れている今がチャンスと考えて、3月に買い込みを終えておきたいところ。

NYダウは10500ドルの壁が視野に入っているため、10400ドル以降が重い。利益確定も選択肢の一つ。

ただし、この壁を抜ければ、NYダウは11000ドル、日経平均も11000円が視野に入る。

「結果が全て」ではいつか必ず負ける

「結果が全て」とは自責の心構えを説いた教訓です。でもこれをビジネスにそのまま当てはめたら大変な事になります。何故なら、『経過・プロセス』を分析しない者は、いつか必ず負けるからです。

多いのは、自分が勝った理由を分析していないというもの。私は今までのビジネスマン生活で多くの落ち目の会社を見てきましたが、負けた理由というのは本当にそれに尽きます。

結果が全てと言いますが、ビジネスは明日も続くんです。ライバルは負けた理由を分析して明日また挑んでくると言うのに、自分たちが勝った理由(即ち強み)を理解していなくて、どうして明日も勝てるなどといえるのでしょうか?

え?「負けた理由を分析する方が重要じゃないか」って? 確かにその通りなのですが、多くの場合、負けた理由すら分析していない者はあっという間に市場からの退場を強いられるので、あまり目にすることはありません。

端的に言えば、負けた理由すら分析しないというのは、落第点ということです。